やっぱりすごいマヌカハニーの効果|驚くべき効果まとめ

最近大人気になっているマヌカハニーですが、その効果はやっぱいすごいです。驚くべきマヌカハニーの効果をまとめました。またマヌカハニーの副作用や正しい選び方・使い方についても書いています。参考になれば幸いです。
MENU

やっぱりすごいマヌカハニーの効果|驚くべき効果まとめ

マヌカハニーの人気の秘訣、その効果についてまとめてみました。

 

調べた結果やっぱりすごいと言わざるを得ませんでした。また、効果を生かすための選び方や使い方、そして副作用などについても書いています。

 

辞書のように利用してもらえると幸いです。

 

・マヌカハニーとはちみつの違い
・マヌカハニーの安全性と副作用
・マヌカハニーはインフルエンザや風邪の予防に効果的?
・マヌカハニーのピロリ菌抑制効果
・マヌカハニーの虫歯・口内炎・口臭予防効果
・マヌカハニーの整腸作用
・マヌカハニーはニキビやアトピーにも効果あり?
・マヌカハニーのがん予防効果

 

 

最近私がみて参考になったサイトも載せておきます。

 

特に バストアップサプリ に関する情報はかなりまとめられていて分かりやすくなっています。

マヌカハニーの正しい選び方

沢山の種類が販売されているマヌカハニーですが、選ぶ際にはどんなことに気を付けたらいいのでしょうか。マヌカハニーの効果を生かすためにも選び方は重要です。

 

価格にも差があるので、まずマヌカハニーに表示されているある数値を元にして選んでみましょう。

 

マヌカハニーに記載されているMGOとUMFの表記

マヌカハニーは普通のはちみつよりも熱に強いという特性を持っていますが、これはMGO(メチルグリオキサ−ル)という成分が含まれているためです。

 

MGOはマヌカハニーの中に殺菌成分がどのくらい含まれているかを数値で表したものになり、数値の大きい方が高い殺菌効果を持つということになりますね。

 

普通のはちみつでは100gあたり0〜1ミリgしかMGOが含まれていませんが、マヌカハニーでは2〜80ミリgも含まれています。
最大値で計算すると、マヌカハニーはおよそ80倍ものMGOを含んでいる事になるのです。

 

また、マヌカハニーにはUMF(ユニークマヌカファクター)という数値も付けられています。

 

これは、消毒液であるフェノール溶液と比較した時、マヌカハニーの殺菌成分がどの程度効果があるのかを数値化したもの。
数値が大きければ殺菌される率も高いということになるのです。

 

マヌカハニーの選び方

価格や数値にかなり開きがあり、どれを選べばいいかわからなくなるほど市場に出ているマヌカハニー。迷った時は、健康的にも経済的にも最適な物を選びましょう。

 

はちみつの持つパワーが医学的にどこまで効果を表すかが研究されていますが、基準としてMGOの数値は100+以上、UMFの数値は10+以上の物が理想的とされています。

 

MGO100+以上では、感染症改善や治癒力の増加に有効であるとされており、UMFでは10+以上で各種細菌に効果的。
この2つの数値を満たしたものを選べば問題ないでしょう。

 

もちろん、数値が高いに越したことはないのですが、数値が高ければ高い程希少価値が付くので価格も跳ね上がります。

 

せっかくのマヌカハニーの効果も続けなければ意味がないので、安定して継続できる物を選ぶのが理想なのです。

マヌカハニーの正しい使い方・食べ方・量など

マヌカハニーは健康面で大きな改善をもたらすとされていますが、その素晴らしい効果をしっかり吸収させるには使い方(食べ方)に秘密があるようです。

 

適切な摂取方法で続けていきましょう。

 

マヌカハニーの正しい使用方法と摂取量

一般的なはちみつは熱に弱いので、加熱が推奨されていません。

 

ですがマヌカハニーは熱にも強いので、ホットミルクに入れたり、料理に使ったりすることが可能です。トーストに塗って食べる方法や、ヨーグルトに混ぜて食べる方法で問題ありません。

 

もちろんそのまま食べても良いのですが、普通のはちみつに比べると少々クセがあるので食べにくく感じる人もいるようです。
その場合は好きな方法で摂取すると良いでしょう。

 

推奨されている1日の摂取量は、ティースプーン1から3杯程度。

 

このくらい摂取すれば効果は十分あるようなので、必要以上に食べなくてもいいのです。

 

マヌカハニーの効果的な食べ方

マヌカハニーの持つ効果を最大限に発揮するには、摂取するタイミングも大切です。

 

豊富に含まれている栄養成分を逃さないためには、空腹時の摂取が効果的。

 

人は、空腹を感じた時に最初に口にした物の吸収率が最も高いので、最初にマヌカハニーを口にすると良いのです。空腹時は朝でも夜でも良いので、続けやすいタイミングで食べると良いでしょう。

 

また、直接の摂取は、口内の唾液と合わさることで吸収率を高めることもできます。クセが気にならない場合は直接舐めて摂取するのもおすすめです。

 

マヌカハニーは1歳未満児にはNG

栄養面でも効果の高いマヌカハニーですが、はちみつなので1歳未満の乳児には不向きとされています。

 

はちみつにはボツリヌス菌が含まれている事があり、消化器官の発達していない1歳未満児に与えると乳児ボツリヌス症をおこす可能性があるのです。

 

最低でも1歳以上から摂取するようにしましょう。

 

食べ方や使い方はほぼ自由で、摂取量もわずかで済むのがマヌカハニーの良さですね。摂取する年齢にさえ気を付ければ、安心して続けられるのです。

 

 

このページの先頭へ